【淡路島】「淡路サービスエリア(SA:下り)の大観覧車」に行って来たぞ!


しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。
小学校2年生を持つ親です。

淡路サービスエリア(SA:下り)の大観覧車に乗って来ました。

いい天気!

と、「明石海峡大橋」を走っていると、

「なんか見える!」

むすこ
観覧車にのりたい!!

と、いうことで、急遽、クレヨンしんちゃんアドベンチャーパークの前に、ちょっと早いけど、お昼も兼ねて、淡路サービスエリアに行きました。

淡路サービスエリア(SA:下り)の大観覧車

「明石海峡大橋」(パールブリッジ)を渡り、「神戸淡路鳴門自動車道」をしばらく走ると、「淡路サービスエリア(SA)」があります。

とても広いSAで、淡路島に来たほとんどの車が自然と引き寄せられて立ち寄るのではないかと思います。

ここで「下り」とは、京都から真っ直ぐ来る方です。

明石海峡大橋や、神戸・大阪の眺望を楽しむ場所もあり、賑わっています。
淡路島の観光スポットの1つと言っても良いでしょう。

「総施設の売り上げは、東名高速道路の海老名SAと並んで全国トップクラス」とのことです。

日本のサービスエリアで、大観覧車があるのは淡路SAだけかも?!

子どもが一目散に、大観覧車の元へ駆けていきました。

おじいちゃんとおばあちゃんと子どもが3人で!!

1周約12分なので、車椅子に乗って、夫婦で追いかけて行くと、、、

何やら観光スポットが、、、

「明石海峡大橋」(パールブリッジ)の説明が、

1998年に開通した明石海峡大橋は、ギネスにも認定されている日本が誇る世界でも有数の橋で、世界最長(全長3,911m)の吊橋で「パールブリッジ」とも呼ばれています。

開発当初は四国新幹線の線路を敷く計画もあったんだとか…。

夜は、季節や日時に応じたライトアップがされるそうです。

日本各地の観光スポットにある「恋人の聖地」、、、

みんなが帰って来ました。

淡路サービスエリア(SA) 大観覧車の料金表
  • 9時〜21時(最終受付20時30分)
    全長65m(海抜135m)
    1周約12分
    6人乗りゴンドラ40台

【料金】
一般 600円(3歳以上有料)
5名セット券 2,500円/5名
6名セット券 3,000円/6名

 

しゅんぞう
ん、、、

身障者券?

300円/1名?

お体の不自由な方、車いすのご利用の方はあらかじめ係員にお申し付け下さい。

しゅんぞう
あ!!乗れた、、、

 

 

帰りに、もう一度、淡路サービスエリア(SA)の大観覧車に乗ろう

車いす用ゴンドラ
車いすの方も安心してご利用いただけるゴンドラです。
むすこ
もう一度、父ちゃんと母ちゃんと観覧車にのりたい!!

よーし!行こう!

基本的には、高速道路に乗って無いとダメ。

東浦ICから高速道路に乗り、神戸方面行き、淡路SAへ。

と、思ったら、淡路SAを過ぎてしまった、、、「明石海峡大橋」(パールブリッジ)を渡ってしまいました、、、

また、来年~、、、

 

しゅんぞうのまとめ

さて、今回は『【淡路島】「淡路サービスエリア(SA:下り)の大観覧車」に行って来たぞ!』というお話でした。

「行きはよいよい、帰りは恐い」(下りはよいよい、上りは恐い)でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。