「頭のよい子は絵がうまい」って、本当なのか?


しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。
小学校2年生を持つ親です。

「頭のよい子は絵がうまい」(山田雅夫)って、ご存知ですか?

2008年(11年前)に出版された本です。

子どもが3歳か4歳の時、買った本ですが、こうありました。

「絵を描く」とは、どんなことでしょうか?

絵を描くこと

【1】絵を描くことは、「見る」こと

対象をよく見ること、観察することです。

好奇心を抱き、観察する。

 

【2】絵を描くことは、「感じる」こと「考える」こと

見たものの特徴を捉え考え抽象化する行為です。

見たものを人に伝えられるカタチに変換する、脳の訓練なのです。

 

【3】絵を描くことは、「運動」すること

「見て」「考えて」「感じた」ことを、画材を手にとって、実際に手を動かしながら、絵にしていく。

感覚器官を通じて脳みそにインプットした情報を、を使って表現するわけです。

 

【4】絵を描くことは、「コミュニケーション」すること

自分のために描くことと同時に、自分の観察や感動を他人に伝える手段です。

その絵を通じて、言葉を補いながら、誰かと観察内容や感動を共有すること、言語的なコミュニケーションの補完手段です。

 

【5】絵を描くことは、「楽しむ」こと、「創造」すること

絵は、描けば描くほどうまくなります。

筆記用具だけで楽しめる、もっともシンプルで、もっとも奥深いエンターテインメントを獲得できるわけです。

好奇心を抱き、好きなものを観察する。

見たものに感動し、そして考える

実際に手を動かし、自分の観察と感動を、自分の表現で絵にしていく。

その絵で、他人に何かを伝える

その絵を介して他人と話し合う

その繰り返しで、絵がどんどんうまくなる。

絵を描くことが喜びになり、創造的行為に昇華する!!

 

なので、仕事で子どもに会えないので、息子へ手紙と絵を描くことにしました。

 

息子へお手紙と絵の繋がり

私は、平日(月曜日~金曜日)働いていました。

(脳出血で倒れてしまうまで、、、)

年少ぐらいから、毎日、息子に「お手紙」を書いたのです。

息子は、仮面ライダーが大好きでした!

特に、ウイザードキバが一番好きでした。

カーズトッキュウジャーかな、、、

アルバムにも息子が「貼って、貼って」と言われて、、、

で、『カーズ』とか、『モンスターズ・インク』のサリーとか、『トイ・ストーリー』のバズとかは、全て英語で書いています。

Disneyの映画は、英語で見ていました、、、

5歳の時の仮面ライダー鎧武(ガイム)です!

しゅんぞうのまとめ

さて、今回は『「頭のよい子は絵がうまい」って、本当なのか?』というお話でした。

息子へ毎日、お手紙と絵を24時回ってから書いていました、、、

「今日くらいは、いいか、、、」

次の朝、息子は、

むすこ
あ!手紙がない、、、

その日の晩から、眠たい目をこすって、また「お手紙と絵」を書き始めました、、、

(30分から1時間ぐらいかかります、、、)

 

あなたの役に立つ!? 関連リンク

ちょっとした”工夫”って超重要!こどもがやる気になる”5つ”の方法!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。