「英語」ってどう?英語4技能って一体なんだろう…?


しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。
小学校2年生を持つ親です。

4技能ってなんか響きはカッコいいけど、それって何のこと??

何が4なの??

それを身に付けておくと、何か良いことがあるの??

そんな素朴な疑問にお答えしたいと思います!

 

英語4技能とは


ずばり、英語4技能とは

Listening(聞く)/ Speaking(話す)/ Reading(読む)/ Writing(書く) を指します!

だから4技能。すごく単純です、、、

 

「大学入学共通テスト」の英語に関して

大学入試センター試験に代わって、2020(平成32)年度から導入される「大学入学共通テスト」では、大学入試センターが出題する問題とは別に、英語に関して「聞く話す読む書く」の4技能をすべて評価するため、外部資格・検定試験活用することになりました。

これにより、大学入学共通テスト(2021年度に大学入学するための入試選抜)から、志望する大学によっては、共通テスト受験に先立つ高校3年生の4~12月に、英検GTECなどの外部検定を受けておく必要があります(2回まで可能)。

2020(平成32)年の東京オリンピック・パラリンピックでは、さらに多くの外国人が来日することが見込まれており、グローバル教育を進める好機です。

だからこそ、文部科学省は2020(平成32)年度を「ターゲットイヤー」と狙いを定め、学習指導要領を改訂して、小学校高学年から英語教科化するとともに、大学入学者選抜改革でも共通テストに英語4技能評価を入れることにしたのです。

進学後の大学でも、グローバル人材の育成が急務になっていることは言うまでもありません。

 

4技能を自在に使いこなせるようでなければ、実際の場面で英語を使ってコミュニケーションを取ることができないからです。

小学校高学年から「外国語活動」を必修化して「聞く」「話す」を中心に指導を始めているのも、高校で英語の授業を英語で行うことを基本にしているのも、そのためです。

 

とはいえ、引き続き50万人以上が受けると想定される共通テストで、新たに「話す」「書く」の評価も独自に実施しようとするには、莫大な時間とコストが掛かり、結果として試験日程や受検料にも跳ね返ってしまいますから、とても現実的ではありません。

そのため、既に4技能評価で豊富なノウハウと実績のある外部検定を活用することにしたのです。

 

我が子の英語

レプトンは全国1,100教室(2016年12月現在)を持つ、約5歳児から中学生までの個別・自立学習型英会話教室です。

レッスンは、1回60分ですが、CD音声に沿った自主学習で進めます。

テキストは、子供ならではの集中力の短さを考慮して、10分程度で学習内容を変えています。

数人の生徒をチューター(日本人講師)が担当し、子ども一人ひとりの理解度をマンツーマンでチェックします。

読み」「書き」「聞く」「話す」の4技能をバランスよく育て、学年別ではなく、個々の習得レベルに合わせたスピードとリズムで繰り返し学習することが特徴です。

個別・自立学習型なのでいつでも始められ、子どもにとってベストなレベルで進度が選べます。

学習塾にありがちな勉強に重点を置くタイプではなく、ネイティブの発音を録音したCDに加え、幼稚園児にも親しみやすいチャンツ(歌)、塗り絵やきり絵といった工作的な課題も盛り込まれているので、楽しみながら発音にも勉強にも強くなるという利点があります。

英語習得には長い期間が必要と考えるレプトンは、やる気を持続させる一つの指標としてまずは子ども向け英語検定であるJETの受験を推奨しています。

 

授業料は、12,000円/週3日(税抜)。

≪週1日/6,600円、週2日/8,400円、週3日/12,000円、週4日/14,000円、週5日/16,000円(税抜)≫

教材費は、毎月授業料とは、別途で2,000円(税抜)ほど掛かります。

うちの子は1ヶ月に1冊くらいのペースで進むので、ほぼ固定費です。

ただ、よくある入会時に何万円もする教材を購入させられて結局使わなかったというようなことはないので、良心的なのかもと思っています。

先生は日本人なので、質問しやすく理解しやすい。

フォニックスから学べるのも良い。

ネイティブ録音のCDを聞いて練習するので、リスニング及び発音の心配不要です。

 

しゅんぞうのまとめ


しゅんぞう
さて、今回は『「英語」ってどう?英語4技能って一体なんだろう…?』というお話でした。

わたしが病気で倒れる前は(子どもが年中の時)、インターナショナルスクールに約2年通っていました。

だから、いわゆる「英会話教室」のような週1、2回の「英語に慣れよう」って感じではなく、、、本格的な英語、、、でもお金がないし、、、

何より将来、どんな仕事に就いていようと、国内外を問わず、英語を使う機会が増えてくるのが「グローバル化」です。

今から備えておかないと、困るのは子どもたちです。

で、病気で丸々2年間空いて、今年何かやらなければ、、、レプトンで、最初、週3日通っていたのですが、今は週2日です。

やっぱり最低週3日は通ってたいけど、うーん、、、今は週2日でいっぱいいっぱいかな、、、

無料体験レッスンも各地で開催されているので、気になる方は一度レッスンを受けられてはいかがでしょうか。

 

あなたの役に立つ!? 関連リンク

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。