【通知表】分かりにくい?小2の息子は? テストと通知表を比べてみると,,,

しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。

小学校 2年生(小2)を持つ親です。

小学校に入ると「通知表」で評価されることになります。

学校の区切りである学期が終わると、子どもたちは「通知表」を持ち帰ってきます。

自分ではできたと思っていても、通知表の評価はそうでもなかった、、、という苦い経験をしている人は多いようです。

実際のところ、小学生の通知表は、どんな基準で評価しているのか、分かりにくいという印象があるようです。

 

【通知表】の”相対評価”と”絶対評価”ってなに?

 

わたしの友人が、小学校の先生,,,

わたしの友人が、小学校の先生をしてるんですが、、、

「通知表」と言うものは法的には、必ず作らなければならないものではありません!

しゅんぞう
(;゚Д゚) ええ!? 知らなかった、、、

学校には、「指導要録」というものがあり、この中に子どもの実際の成績が記載されています。

したがって、「通知表」には、教科の成績や日常生活の記録などをまとめ、子どもとその保護者へ「通知する」ための書類です。

法定表簿である「指導要録」とは異なり、その作成は学校任意!!

したがって、「通知表」を発行しない学校も存在します。

名称は各学校によって、通知表・通信表・通知簿・通信簿などと呼称したり、あゆみ・かがやき・のびゆく子・のびゆくすがたのようなタイトルをつけていることもある。

さて、「通知表」は、本来なら「子どものやる気」を高めることなんですが、、、

この「通知表」についての考え方やつけ方も、学校によって、都道府県によって、ずいぶん違ってきます。

また、何よりも各先生によって、強烈に差があるそうです、、、

しかし、あくまでも基準ということで、教科や先生によっても、基準がやや違うようです。

したがって、学校によっても違う様子です!!

ホントに、当たった先生が、天と地とほど差があるみたいです、、、

「通知表の書き方」は、各学校ごとに、評価基準等を示して、先生方に共通理解を図るようにします。

ところが、、、先生というものは、ピンからキリまであります。

学期の初めから、毎日記録を保存してしっかり評価をしながら学期末を迎える先生。

こういう先生はまじめで、評価も信用性があります。

ところが、全く反対の先生もいます。

単元が終わっても、その学習した単元のテストをすることすら忘れて学期末になって、あわてて一日何枚もテストをする先生、、、

中学校や高校ではありませんから、普通は学期末になったからといって、毎日3枚も、4枚もテスト漬けになるようなことは本来はありえません。

(-ω-;)ウーン

恐ろしい・・・

 

通知表の”相対評価”から”絶対”評価になった年

2002年度施行の学習指導要領において、総合的な学習の時間の実施や、教科における成績の評価方法が、それまでの相対評価から絶対評価に変更されるなど、様々な改定が行われました。

「通信簿に関する調査研究」
「評価規準および評価方法等の改善と開発に関する研究」

「評価規準および評価方法等の改善と開発に関する研究」の一環として、 平成14年4月より、小・中学校における評定が目標に準拠した評価 (いわゆる絶対評価) で行うことになりました。

これに伴い、各学校ではどのような通信簿を用いているのか、 基礎研究部が中心になり調査研究し、 「通信簿に関する調査研究」 を作成しました。

小学校の通信簿の分析結果

出典:国立教育政策研究所

 

わたしの頃の通知表(通信簿)は、”相対”評価

わたしたちの子どもの頃は、小学校の通知表は、1~5までの5段階評価だった。

これは”相対”評価と呼ばれるもので、他の子どもと比べた時の評価の仕方らしい。

ゆえに、クラスで、5は何人、4は何人、というのがある程度決められていた。

しゅんぞう
(-ω-;)ウーン 知らなかった,,,

 

現在、子どもの通知表(通信簿)は、”絶対”評価

現在の子どもの「通知表」については、様々な、ABC評価、5段階、3段階評価、◎○△などがあります。

ついつい、記号の評価だけついつい目についてしまいます。

わたしの子どもの通知表では、◎○△の基準です。

では、いったい◎○△の基準は、どれくらいなのでしょうか?

学校からの「あゆみ」の案内によると、次のようになっていました。

◎・・・充分に満足できる
〇・・・おおむね満足できる
△・・・努力を要する

しゅんぞう
(-ω-;)ウーン よく分からない・・・

一般的に、およそ点数をつけたら、

◎・・・90点以上
〇・・・65~89点
△・・・64点以下

らしいです。

テストの点数(合計)と、毎日の授業の様子(宿題を出しているかも含む)を合わせて、100点満点で点数をつけるそうです。

つまり、テストの平均点が100点でも、毎日の授業の様子が良くなく60点と先生が判断したら、平均で80点になります。

テストでは◎でも、「通知表」の成績は、〇という訳です。

しゅんぞう
うちの息子は、、、忘れ物は多いし、、、授業中( ゚ ρ ゚ )ボー としてるし、、、

まあ、あくまでも基準ということで、教科や先生によっても基準がやや違うようです。

 

「通知表」成績が悪いときの上げ方は!

小学生の「通知表」は、公立の中学受験を目指すなら、内申点が大きくなる。

うちの息子の場合、、、私立は、親(わたし)が身体障害者になってしまったので、ちょっと難しい(ごめんなさい!我が息子!!)。

公立の中学受験(中高一貫)を選ぶなら、、、今のままではダメなんです、、、

西京(さいきょう)なんて、夢のまた夢、、、、、、、、、

高校受験かな・・・

あと、2年ぐらいで(小4になって)、急にやる気になったりして!

それは、中学受験を目指す・目指さないを抜きにして、基本的な事から始め、徐々にアクセルを踏んでいこうかと思います。

【1】 早寝早起きを心がける。

【2】 基本的な生活習慣(挨拶・整理整頓・朝ごはん)をきちんとする。

【3】 遅刻、欠席をしない。

【4】 宿題は、必ずやって、きちんと提出する。

【5】 音読は、おろそかにしない。

【6】 持ち物をしっかり管理し、忘れ物をしない。

【7】 宿題以外の勉強もできる時間を作る。

【8】 授業は、真面目に聞いて、積極的に手を挙げる。

【9】 本や新聞を読む。

(-ω-;)ウーン

【2】整理整頓,,,
【5】音読,,,
【6】忘れ物,,,
【8】授業中,,,

4つは、全くできてない、、、

 

【通知表】『2学期』小2の息子はどうだったの?

「あゆみ」のつけ方,,,

【通知表】『2学期』小2の息子はどうだったの?

▲ 一応、個人情報なんで、「学校名」が、ばれたらあかんので、上のようにエクセルにまとめて、かつ、国語と算数だけにしました。

それで、テストなんですが、、、

【通知表】『2学期』小2の息子はどうだったの?

またもや、まとめました。

小2『2学期』の息子はどうだったの?

しゅんぞう
(-ω-;)ウーン 国語がヤバいです、、、

でも、去年の1年生時よりは挽回した感じです・・・

小1~小2テスト結果はどうだったの?

▲ 黄色は90点をいかなかった点数です。

国語は1年生の時なんか、ひどいものです。

それに伴い、「通知表」も、、、

「通知表」小1~小2≪2学期≫まで。

それにしても、

しゅんぞう
わたしが脳出血で倒れて、約3年がたち、なんにもしてない2年間の息子。

よく復活しました、、、(つд⊂)エーン

 

しゅんぞうのまとめ


しゅんぞう
さて、今回は『【通知表】分かりにくい?小2の息子は? テストと通知表を比べてみると,,,』というお話でした。

小学生の通知表は、どんな基準で評価しているのか、分かりにくいという印象。

この「通知表」についての考え方やつけ方も、学校によって、都道府県によって、ずいぶん違ってきます。

また、何よりも各先生によって、強烈に差があるそうです。

1年生の時は(-ω-;)ウーン

2年生の時は、少しずつ少しずつ、テストが良くなった。

でも、毎日の授業の様子が、、、( ゚ ρ ゚ )ボー としてるし、、、

少しでもボーとする時間を減らしてくれたら、いいなあ・・・

 

あなたの役に立つ!? 関連リンク

息子は、男の子だからか、”ホントに” 忘れ物が多いです(苦笑)。私は、腹抱えて笑っているけど、ママが時々怖いです,,,そんな”鬼ママ” と”息子” の戦い日々をリアルにナレーションしたけど,,,

小学校では、毎日「明日の時間割」「今日の宿題」「明日の持ち物」などを、連絡帳に書いてこなければなりませんが,,,我が息子は、ほとんど ” まともに ” 書いてきません! 「連絡帳」,,,2学期終了までの1週間の攻防!

いつもながらの学校宿題、、、適当にやるので、” 間違い ” がある、ある。 そんな我が息子の間違いを聞いてやってください。 クスッと、ひと笑い,,, でも ” 鬼ママ ” が、、、

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。