【広島】「ぶっとんでるいきもの展」&「AQURIUM by NAKED 広島」に行って来たぞ!


しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。
小学校2年生を持つ親です。

お盆に広島に帰省したら、、、

ぶっとんでるいきもの展」&「AQURIUM by NAKED 広島」に行ってみようとなり、すぐさま基町クレド・パセーラへ。

「ぶっとんでるいきもの展」&「AQURIUM by NAKED 広島」

ぶっとんでるいきもの展

世界中から個性豊かな生物を集めて展示する「いろんな意味で規格外!?ぶっとんでるいきもの展」です。

世の中には、我々が思っている「フツウ」とは、ちょっと違った、ある意味「ぶっとんだ」生き物たちがたくさんいます。

そんな「フツウ」から、ちょっとかわった愛すべき生き物達を集めて、生き物の「不思議」や「生態系」をワクに囚われず、劇的な環境の変化に順応しながら、進化してきた個性ある生き物たちの姿は必見です!!

最初に、案内が!!

写真の左側に!!

他にも、たくさんいました。

でも結局、子どもたちが一番ハマっていたのは、カニとかカメ触り放題でした、、、

AQURIUM by NAKED 広島


水族館でも海でも体験できない「光の深海」を探検する最新の体験型デジタルアート展です!

よく冷房のきいた会場内、薄暗い中に美しい水中の景色が投影されていて、納涼にもぴったりです。

「触って・遊んで・包みこまれる」体験型
のコンテンツが全部で6つ。

『Touch sea(タッチ シー)』というアトラクションでは、広島の夜景が投影された壁に触れると、画面に花火が打ち上がります。

これは「宮島水中花火大会」とのコラボで、手を触れた場所からつーっと小さな火の玉が上昇し、美しい水中花火を咲かせます。

嚴島神社の大鳥居と夜の海のさざ波が、まるで本物のように映し出される中、手のひらからポーンポーンと花火が打ちあがるのはとても不思議な体験でした。

また、「触って楽しい」アクティビティ、Jelly Wall(ジェリー ウォール)では、壁に埋め込まれた柔らかい物体をタッチすると、壁にぷかぷかと泡が立ち上ったり、光が生まれたりします。

 

 

注意点
  1. 再入場不可
    再入場は出来ませんので、特にお子様連れの場合はお手洗いに行ってからの入場をオススメします。
  2. 後半エリアに人が多い
    最後のところに人が溜まってしまうレイアウトになっているので、もし全部ゆっくり楽しみたい方はエリア5の上映時間中に先のエリアを楽しむことをオススメします。
  3. 各1時間もあれば十分に終わる
    休日の午後にこのイベントしか入れてないと、時間を持て余してしまう。

お盆の午後はもっとも込んだ日時でした、、、

オススメは午前中にサクッと行ってランチか、午後は混むので夕方ですかね。

19時半まで入場出来るので、カップルで行くなら子連れがいなくなる18時以降とかのがゆっくり楽しめると思います。

ゆっくりじっくり過ごしても1時間あれば、2つ合わせも2時間あれば十分です!!

開 催 概 要

ぶっとんでるいきもの展
  • 会期 :2017年7月29日(土)~8月29日(火)
  • 会場 :NTTクレドホール(パセーラ11F 広島市中区基町6-78)
  • 休館日:なし
  • 時間 :10:00~20:00(入館は入園受付終了30分前まで)
  • 料金 :当日 一般 800円、中・高校生 700円、小学生以下 500円
  • 前売 一般 700円、中・高校生 600円、小学生以下 400円

【お徳なセット券!】
AQUARIUM by NAKEDセット券
大人 1,700円/中高生 1,200円/子ども 900円(前売は100円引き)

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の料金は半額

しゅんぞうのまとめ

さて、今回は『【広島】「ぶっとんでるいきもの展」&「AQURIUM by NAKED 広島」に行って来たぞ!』というお話でした。

こういう展示会は昔(病気になる前)は、よく行ってた(子どものために)。

身体障害者になってから、普通に行ける(まあ、、、普通ではないけど、、、)って感じを受けられたんで、また展示会もいいかなと思いました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。