【大阪】「くずはモール」に行って来たぞ!「串家物語」が子どもに人気?


しゅんぞう
こんにちは!しゅんぞう(@shun_zo_7)です。
小学校2年生を持つ親です。

くずはモール」って、ご存知でしょうか?

大阪府枚方市にある京阪ホールディングスの子会社「京阪流通システムズ」が運営する商業施設である。

当時は、グループ内に百貨店がなかったため、松坂屋を招致して百貨店とスーパーマーケット(ダイエー/イズミヤ)、専門店街という本格的なショッピングモールのさきがけとして開設され話題に。

その後、松坂屋の低迷による撤退。

自社百貨店の守口での成功もあり、改築後は京阪百貨店を中心としたショッピングモールに変身。

2005年4月14日にオープンした新生くずはモール街は英語表記である「KUZUHA MALL」【くずはモール】と呼ばれるように。

各衣料品店・飲食店は、関西初出店のものをとりそろえたり、レストランゾーンは開放感のあるアウトモールで、新しい街づくり感覚で設計されています。

その「くずはモール」に行ってきました。

 

KUZUHA MALL【くずはモール】に目当てのモノは?

むすこの目当てのモノは、ゲームセンターと駄菓子屋です!!

むすこ
おいらは、ゲームセンター1,000円で、駄菓子屋1,000円。
父ちゃんと母ちゃんは500円ずつな。
しゅんぞう
( ,,`・ω・´)ンンン? なんだってー! 聞いてないよ~。

 

ゲームセンター

ナムコさんです!

ナムコ」さんです。

――― 南館|ヒカリノモール|2F  ―――

親子で楽しめるゲームがいっぱい!

多彩な「遊び」メニューが揃ったアミューズメント施設です。

それで、むすこはUFOキャッチャーにハマっています,,,

 

駄菓子屋「だがし夢や」

駄菓子屋「だがし夢や」さんです!

駄菓子屋、、、懐かしいですね!

私も学校帰りに毎日通っていた(高校になってから、、、中学までは田舎だし、そもそもお店が無かったから、、、)。

だがし夢や」さんです。

――― 南館|ヒカリノモール|2F  ―――

店内に一歩踏み込めば、懐かしいあの頃へ。

タイムスリップしたような気分になれる駄菓子専門店。

できるかぎり昔のままの姿にこだわり、年齢を問わずわくわく・ドキドキしますよね。

本日の収穫!? こういうもの、好きだよね,,,

フリーザー!

すぐ飽きてしまうんじゃないかな、、、これまでの経験上,,,

 

ドラゴンボールの文房具セット

ドラゴンボールの文房具セットです!

元々は、妖怪ウォッチの筆箱があったんだけど、、、

妖怪ウォッチが,,,(´ε`;)ウーン…

こっちは、裏面,,,  ひどいね,,,

ひどい有様です,,,

1年半で、もうボロボロでした。

それで、新しい筆箱を買おうとしたら、ドラゴンボールの文房具セットが、1式で売ってました。

しかし、親は、

しゅんぞう
どれぐらい持つんだろう、、、

毎年、毎年、買いに行かされるのかな、、、

 

串家物語【くしやものがたり】

晩御飯は、「串家物語【くしやものがたり】」に行きました。

――― 本館|ダイニングストリート|2F  ―――

厳選された素材を自分で選んで、自分で揚げるビュッフェのお店です。

串揚げのほかに、サラダやお惣菜、ケーキ、フルーツなど、すべてビュッフェスタイル。

流行っている様子です!

まだ、17時ぐらいやのに。

北海フェアが,,,

一人一つずつ、北海フェアで、カニがついてきます!

これがテーブル。

ベストな揚げ時間は『串揚げ時間目安表』。

揚げたてあつあつ。

値段は忘れてしまいました,,,

子どもは好きなものが、いっぱいあるし、いいんだけど、、、大人にはもういいかな,,,

KUZUHA MALL【くずはモール】の基本情報

 

住所 〒573-1121
大阪府枚方市楠葉花園町15−1
TEL 072-866-3300
営業時間 10:00~21:00
定休日 水曜日
アクセス 【京阪】樟葉【くずは】駅 徒歩0分


 

しゅんぞうのまとめ

「くずはモール」楽しいね!

しゅんぞう
さて、今回は『【大阪】「くずはモール」に行って来たぞ!「串家物語」が子どもに人気?』というお話でした。

むすこは、KUZUHA MALL【くずはモール】に目当てのモノが、ゲームセンターと駄菓子屋です。

それと、ドラゴンボールの文房具セットを買いに行きました。

(前のはもう、筆箱じゃあないので、、、)

晩御飯は、「串家物語【くしやものがたり】」に行きました。

子どもは好きなものが、いっぱいあるし、いいんだけど、、、大人にはもういいかな,,,

 

あなたの役に立つ!? 関連リンク

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
この記事が気に入っていただけたら、シェアしてくれると嬉しいです。