仕向ける

子ども教育のヒント

「子ども手帳」使ってみた。1ヶ月経って、その運用成果は?

石田 勝紀(いしだ かつのり)さんが書いた本「子ども手帳」を読んで、我が息子に1ヶ月ばかり試してみました。小学校の間では、毎日のコツコツした基礎学習が重要です。まさしく、「継続は力なり」ですね!「ポイントの数字 = お小遣い」なんですが、、、これでいいと思います。結論、これは ” 使えるなあ ” と思いました!

子ども教育のヒント

「リビング学習」っていいの?集中できるリビング学習の7つのアイデア!

「東大生の半分近くは子どもの頃、リビングで勉強していた!」これは数年前、とあるテレビ番組がアンケート調査した結果です。言葉って本当に大事ですね、、、日頃からの知識の収集が、地頭の土台となっていくんでしょうね!子どもの心を動かしてあげることが、知識を蓄え、賢くなっていくためには大切です。

子どものお金の考え方

子どもにお金を稼ぐことをどう教えるべきか?ユダヤの教えを参考に。

お金の概念については、幼稚園や保育園、そして小学校で詳しく教えてもらう機会があまりないのでしょうか。「生きる力=稼ぐ力」です。ユダヤ教は、「お金を良きもの、清いものと考え、営利欲求を肯定する」宗教です。どんなに迫害にあっても、無一文になっても「頭が唯一の確実な資産」だと考えています。

子ども教育のヒント

ちょっとした”工夫”って超重要!子どもがやる気になる”5つ”の方法!

どんな子でも上手くいく、ちょっとした工夫が重要です。それには、『環境設定』です。環境設定とは、「パソコンやソフトウエアで、使いやすい利用環境にするために、さまざまな動作や表示について調整すること」。つまり、「子どもが、使いやすい利用する環境に整えること」。”やる気”は、親の”最大の使命”です。それには、子どもを”仕向ける”ことなんです。