創造力

子ども教育のヒント

「頭のよい子は絵がうまい」って、本当なのか?

好奇心を抱き、好きなものを観察する。見たものに感動し、そして考える。実際に手を動かし、自分の観察と感動を、自分の表現で絵にしていく。その絵で、他人に何かを伝える。その絵を介して他人と話し合う。その繰り返しで、絵がどんどんうまくなる。絵を描くことが喜びになり、創造的行為に昇華する!なので、仕事で子どもに会えないので、息子へ手紙と絵を描くことにしました。